名誉顧問 程傑峰老師

もと上海中医薬大学推拿功法教研教師。15歳より楊澄浦の学生湯紹琪先生に楊式太極拳を学び、のちに上海に住む名人姜容樵の高弟宦大海の門下で陳式太極拳と八卦掌、形意拳を学んだ。陳式太極拳は主に陳発科の弟子である李東源と翟慧庵和尚に学んだ。のちに直接姜容樵に学ぶ。楊澄浦の弟子王守先先生にコンカ・ラマから伝えられた密教の武術気功を授けられた。さらに裴錫栄から八卦掌と形意拳、張長信、何秀春、李道立などの名師にも教えをこいだ。50年あまりの武術を研究し、学校武術チームを代表して多くの試合で優勝し、1984年には上海伝統観摩交流大会に推薦で出場しで好評を得た。かつて、形意門の『内功経』を整理し、1984年に武術雑誌『武林』が特別編集した『武林精髄』創刊号で発表した.