2019年を前にして

●師への恩返し

師と学生の関係は親子のような関係である。
そして、子が親元を離れ独り立ちするように、弟子もいつかは一人前になっていく。その修練がひつ区切りした時、恩師に感謝の意を表すと共に、これらの言葉をいただいた。

大学を離れ、上海から大阪に来る時、程傑峰師父からは「一番の恩返しは私を超えること」。30になる前、王映海師父からは「健康で長生きしなさい」。鄭志鴻師父からは「忙しくなり、成功しているのを見のが一番うれしい」。
とあるように、恩師たちは弟子の成功を一番に考え、喜んでくれるのだ。

●自分の学生たちへ

私も同じ。
皆さんの成功を。健康を。
そして、昨日の自分に克ち、毎日楽しく生きれることを望んでいる。
また、私がかけた時間より早く上達できるように願っている。

武術とは人生だ。
技や力にこだわるが、「道」に合うかどうかは人間力で決まる。
正しい行いをし、歩むべき道をゆく。
その末に、あるべき姿の結果を得ることができる。
苦労することもあるだろう。止まることもあるだろう。
だが、正しく生き続ければ、いつかはたどり着くものである。

皆さんを見て、恩師たちの気持ちがよくわかる。
良き弟子こそが、師の誇りであり、幸運である。
来年も一門揃って、良い一年を。
感謝!

2018年12月31日
徐濠


関連記事

  1. パンダさんからのお知らせ

  2. 第一回アジア武術格闘選手権大会 第十七回karate Gp!大和魂ジュ…

  3. 武当龍門派十八代伝人 鄭志鴻老師来日講習会

  4. 12月の練習予定

  5. 7月の練習予定

  6. 6月の練習予定

  7. 9月の練習予定

  8. 基本から派生、そしてまとめへ