2019年春 通訳付き短期研修

形はできたけど、もっと深めたい太極拳。
聞きかじりだらけの中国文化。
それらをもっと身につける短期研修!
会話は周りが普通話(中国の標準語)が通じるが、周りは上海語だらけ。
自分だけで行ってもできない上海体験、東洋の魔都にようこそ!

2019年3月21日〜3月24日
春分の日で何かが変わる!

●内容
太極拳などの中国武術
中国古琴
伝統推拿(健康マッサージ)
中国茶藝
※好みに合わせてお選びください。

●講師・通訳

程天驥
養道国術館 館長
大阪精武体育會 教練

6歳より父程傑峰に武術を学び30年あまり、太極、形意、八卦などの拳術と各種功法に精通する。かつて、上海中智国際教育研修センター、上海スポーツホテル、艾美国際ホテルなどの著名な施設で特聘功法講師を務めた。また、上海市情報技術局にて太極拳短期コースを開催したこともある。1999年より長期にわたり様々な著名企業のプライベート養生講師を務め、冠龍写真機材の創設者袁勃さんの個人養生講師でもある。長年日本、香港、台湾、ノルウェイ、アメリカ、イギリス、スペイン、スイスなどの外国人に伝統武術と功法を伝え続けている。

go

徐濠
武当龍門派第19代
戴氏心意拳第6代伝人
日本岳飛文化研究会 理事
大阪精武体育會 理事

上海市生まれ。子どものころより祖父らに伝統功法を学ぶ。上海中医薬大学在学中は程傑峰老師より陳式太極拳、武式太極拳、太極長拳、八卦掌、形意拳などを学び、その後、高小飛老師と許民老師より呉式太極拳、王映海老師より戴氏心意拳、鄭志鴻老師より太極拳、八卦掌、道家文化を学ぶ。2000年全日本試斬道連盟第五回選手権大会2部指定技優勝、2012年には『戴氏心意拳技撃精要』を翻訳。近年、鄭志鴻老師のもとで中国伝統文化を学びつつ、中国と日本の文化交流に力を注ぎ、2014年に中之島公園カンフーフェスタの開催を呼びかける。現在、身に着けやすい学習システムを探査している。


●スケジュール
3月21日
午前:関西空港発〜上海着
午後:車でホテルへ
オリエンテーション、 上海観光

3月22日
6:00〜7:00  早朝練習(自由参加)
7:30〜8:30  朝食
9:00〜11:30 午前練習
午後:観光or練習

3月23日
6:00〜7:00  早朝練習(自由参加)
7:30〜8:30  朝食
9:00〜11:30 午前練習
午後:観光or練習

3月24日
6:00〜7:00  早朝練習(自由参加)
7:30〜8:30  朝食
車で空港へ
上海空港〜関西空港

●費用
学費60,000円/1人
※6名以上遂行、申し込み〆切2019年2月28日
※航空券、宿泊別。通訳費用込

宿泊予定ホテル外観(無錫、ホテル)
上海のホテルの写真などを掲示

関連記事

  1. 5月の練習予定

  2. 7月の練習予定

  3. 6月の練習予定

  4. 4月の練習予定

  5. 8月の練習予定

  6. 天経 電子版発売!

  7. パンダさんからのお知らせ

  8. 8月の練習予定