武と道ってなんだろうか?

武とは、矛を持って用いず、強さをふるわず、己や仲間たちの信じる道を守るためにある。

技を競わず、勝負にこだわらず。
一大事のときに全身全霊をかけ、争いを止めるために抗い、
相対する双方の命を助けるのが武である。

人の持つ優しいと思いやり、
命を捨てて命を守る勇気がなければならず。
命を尊び、あらゆるものを愛し、受け入れることがなければ悟ることが難しい。

そのため、より優れた気概と技術が必要となる。
武をもって道に入り、道を守ることを鍛錬の方法とし、
心を正し、道にて心を正すことを正統とする。

ゆえに、易經曰く「神武不殺」

道とは、常道と非常道にわかれる。
道を聞く縁ある者先人の教えを受け継ぎ、さらに発展させ、
伝えるべき人に伝え、後世に残す者である。

はっきりと形あるもの。
ぼんやりとして、難解なもの。
様々な状態で存在する。

自然であり、不自然でもある。

形あるもの、仁義礼智信という。
仁義を尽くしてなる、無形こそ、「道」である。

ゆえに曰く:「大道廃れて仁義あり」

形あるものを心がけ、日に優しく、日に義を重んじるようになり、
そのうちに心かけずとも自然となるのが入門である。

古くはこれを「心法」という。
すなわち、心を修める方法である。

今世にて、多くが形にとらわれ、功をあせるなか、
せめてものの助けになるかと思い、ここに記す。だれかの助けになることを切に願う。

思いだけでは届かず、行動のみでは方向を見誤る。
世の中は生きにくい。
しかし、慈しみを持ち続ける勇気、優しさと思いやりを与える強さを兼ね揃えれば、
世の中はおもしろい。

人の数だけ考え方があり、人の数だけ生き方がある。
それが個性であり、尊重されるべきものである。

関連記事

  1. 20余年学习研究,终于破译天机,发现华夏文明的源头!

  2. 吕祖劝世人省悟歌

  3. 練習する太極拳の流れ

  4. 基本から派生、そしてまとめへ

  5. 走出太极拳运动的误区- 郑志鸿

  6. 天経 電子版発売!

  7. 理清“三坟”“五典”的来龙去脉,认识道医学的科学性,先进性,炎黄子孙镜…